子供に向き合ったレッスン

1. 教育に良い影響を与えるレッスン(ワーキングメモリ・根気強さ・集中力・主体的に考える力)

「音楽の楽しさを経験させたい」 「音感やリズム感をつけてほしい」 「楽譜を読めるようになってほしい」 子供をピアノを習わせる理由は、思い思いだと思います。

勿論の事これらはStarryWayピアノ教室で習っても身に付きます。
しかし将来の可能性を広げるためには「教育に良い影響を与えるレッスン」も大切ではないでしょうか。

音楽的指導に加え、以下のような子供の総合的な成長を意識してサポートするように心掛けています。

1. ワーキングメモリ

ピアノは脳の発達に非常に良い影響があると言われています。 楽譜を先読みしながら(一時的に記憶しながら)、両手の指を繊細に動かしペダルを踏みながら演奏する、同時に耳でも音を判断するのがピアノです。 これは脳のワーキングメモリを鍛えると言われています。 エビデンスを伴った研究結果はこちらに記載されています。 「ワーキングメモリ 習い事」などで検索すると、多くの記事でピアノが挙げられていることが確認できるでしょう。

ワーキングメモリとは『何かを一時的に思い浮かべる脳の記憶領域』です。 将棋の強い人は、何手先もの盤面を頭に思い留め、行く末を見極めて次の一手を指すことができます。 説明の上手な人は、話しながら、次の内容を頭に思い浮かべて整理することができます。 これらはワーキングメモリを使っており、個人によって大きな差があることが分かっています。

ピアノが他の楽器と違うのは、先読みしながら(一時的に記憶しながら)弾いている、練習時間の長さです。 メロディー・伴奏を含む多くの音があるため、簡単には暗譜することはできず、長期間、楽譜を先読みしながら一時的に記憶して弾く、という訓練を繰り返すことが原因の一つと推測されます。

2. 根気強さ

ピアノは自宅練習が必要です(=努力)
しかし練習すれば必ず成果が出ます(=達成)

この「努力 → 達成」という小さな成功体験を積み重ねることによりピアノは少しずつ上達するため、 一つの事を根気強く続ける素質を自然に養うことができます。

「自宅練習」が大切

勉強の場合、記憶力が良ければ家庭学習をしなくても進度についていける人もいるでしょう。 サッカークラブなら、運動神経が抜群ならクラブの時間だけでも活躍できるかもしれません。

しかしピアノは違います。非常に才能に恵まれた人でも上達するためには「自宅練習」が必要で、そのためには自分を律してコツコツ努力する習慣を会得しなければなりません。

ピアノで根気強く続ける素質を身に着けた子供は、他の分野でも能力を発揮できます。 どんな分野も覚えるべき事は限られているため、諦めずに地道に根気強く続ければ、ほとんどの事はできるようになるものです。 「やり遂げる素質」を是非ピアノで身につけていただきたいです。

3. 集中力

練習で、楽譜・音に注意しながら曲を初めから最後まで演奏したり、 一定の時間の練習で成果を出そうとすることで、物事に集中して取り組む習慣が身に付きます。

4. 自分で考える力を身につける

子供は沢山の事に興味を持ち、常に疑問を持っています。

  • なぜ鍵盤は白と黒なのか・・・?(なぜ黄と赤ではないのか・・・?)
  • なぜピアノの弦は低音は1本だけど、高音は3本なのか・・・?
  • なぜ楽譜はドレミで書けば分かりやすいのに、おたまじゃくしなのか・・・?

もちろん講師は答えを知っています。 しかし最終的には、生徒自身がそれを主体的に考えられるように導くレッスンをします。 学校を卒業して大人になると「自分で考える力」が必要だからです。

  • 感動してもらうためにはどんな演奏をすれば良いのか・・・?
  • 仮に将来、ピアノの先生になった時、どうしたら生徒のモチベーションを上げられるか・・・?
  • 将来親になった時、思いやりのある子供に育てるためにはどうすれば良いのか・・・?

大人になると、このような答えの見えづらい難しい問題に悩むものですが、 「自分で考える素地」があると、様々な情報を参考しつつ鵜呑みにせず、正解に近い自分なりの答えを探せるようになるでしょう。

2. コンクールや音大受験も対応可能です

1. コンクールについて

StarryWayピアノ教室は、コンクールの指導も得意としています。 コンクールで入賞する演奏にはいくつかの特徴があり、講師にはコンクール向けの指導力が求められます。

コンクール向けの指導力とは?
  • コンクールにおいて、高得点を取れる音楽設計 (曲の大枠の構成/細部のフレーズ/和声/リズムの揺らし/音色・・etc、等の音楽表現を組み合わせ、全体のバランスを取る音楽設計)を正確に理解している事
  • 現在の生徒の技術力を元に、上記を満たした演奏を実現する練習ステップを正確に描ける事

詳しくは講師紹介で説明しますが、 StarryWayピアノ教室の講師は25倍の倍率で選抜されており、全ての講師がコンクール向けの指導力を持っています。 例えば、▼の公開音源のような演奏をするためには、どのような音楽設計をすれば良いか、生徒の技術力を元に、指や腕をどう使えば良いか、どのような練習をすれば効率的か、を全ての講師がしっかり説明できます。
エリーゼのために月の光ノクターン Op.9-2革命

2. 音大受験について

まずは音大受験をすることのメリット/デメリットをしっかり理解することが大切です。

将来ピアノの先生になりたい場合、音大卒の経歴は一般的に安心感があるので、集客しやすいメリットはあります。 音大という特別な空間で生まれる、他の楽器の方とのつながりや、ライバルと切磋琢磨できる環境も魅力的でしょう。

一方で、大学を卒業した後の選択肢が少なくなってしまうのも事実です。卒業の進路は公開されているので、そちらは確認しておきたいものです。 ピアノの先生を目指す場合であっても、専門的に頑張っている人ほど、一般的な感覚から離れる傾向があるため、意外にも「生徒が何を求めているのか」を正確に理解するまでに時間がかかる事もあります。 バランスを取るためには、もし音大に入っても一般大学の人とのつながりを大切にしておくと良いかもしれません。

他にもありますが、メリットとデメリットを踏まえた上で本人が希望する場合、当教室としても最大限のサポートをさせていただきます。

ピアノ教室について