弾き方・練習のコツ① 冒頭(A~)

「ピアノ初心者」を対象に『エリーゼのために』の弾き方を徹底解説します!

「ピアノ初心者」と言いましたが・・・
楽譜を全く読めない「完全な」初心者の場合は、ドレミ楽譜がオススメです!
上級者の方はこちらへどうぞ!

「ミレ♯ミレ♯ミシレドラ」は、最初は「弱く」「ゆっくり」からはじめ、ふくらませていって、最後はまた「弱く」終わります。
1の指は大きくなりやすいので、特に最後の「ラ」に注意しましょう!

次の「ドミラシー」「ミソ♯シドー」も、それぞれ起伏をつけると「語りかける」ような表情を出せます。

音をつなげましょう!

もし出来たら・・・で良いのですが、更に美しいレガートにするためには、前の音と、次の音が両方鳴っている瞬間を作ることを意識すると良いです。
(次の音を弾いてから前を離すことを意識して下さい。)

すり足のようにできるだけ鍵盤から指をあげず、ピタっとくっつけながらスリスリ弾くと感覚をつかみやすいです。

「ラミラ」は手の形をオクターブにして、間の「ミ」を拾うようにすると弾きやすいです。
手の形を弾きやすく工夫し、音量を弱くコントロールしましょう。

「ミミソ♯」はミミがオクターブですがが、ソ♯で右斜め上への手の返しがあります。

コツとしては、『絶対に外さない』ゆっくりのスピードで「移動する方向」と「幅」を正確に覚えることです。
【注意】音を外してしまうと、その感覚を身体が覚えてしまうため、マイナス練習となります!(とても危険です!)

少しの間、明るくなる部分です。
このタイミングでやや開放的に(やや強めに)、「シドレミー」「ソファミレー」歌ってみましょう。

左手のジャンプです。
5を弾いた後、手そのものをジャンプさせ、5arrow_forward5arrow_forward1と弾きます。
(なお、5arrow_forward1arrow_forward2と弾くことも可能ですが、 次の手の形なども考慮すると、5arrow_forward5arrow_forward1の方が良いかと思います。)

ジャンプの方法

ジャンプは、肘の関節を左から右に曲げることによって行います。

肘の関節は誰でもとても素早く動きますので、練習すれば必ずできます。(誰でも「バイバイ」ができるのと同じです!)
余計なところに(例えば前腕や上腕など)力が入らないようにすると楽になります。
こちらも『絶対に外さない』ゆっくりのスピードでジャンプの感覚をなじませていきましょう。

この部分は右手でミを取れば、ジャンプ無しにすることもできます。(とてもカンタンになります!)

ただ、ジャンプの練習をすることは、後々ピアノを続けてゆく上ではプラスになりますので、是非挑戦してみて下さい。

Category
Category
About

Starry Wayとは?
arrow_forwardこちらをご覧下さい!

Piece
トルコ行進曲
月の光
月光 第1楽章
ジムノペディ 第1番
子犬のワルツ
お人形の夢と目覚め