弾き方・練習のコツ② 中盤以降(C~コーダ)

16分音符が続く難しい部分です。

オススメの方法は先に音名を声に出して言ってみることです。
スラスラ覚えて言えるぐらいになったら、「音を言いながら」弾いてみましょう!
歌うと「意識」「声」「指」がくっきりつながって分かりやすく感じるはずです。

※ このように練習すると、「指が違う音を弾いた時」「転んだ時」に自然にチェックしやすくなり、スラスラ弾けるようになります。

【注意】ピアノ初心者を念頭に「ミ♯」を『ファ』と書き込みましたが、「ミ♯」を『ミ』を読める方は是非そのように歌って下さい。

上の楽譜の通りでなくても大丈夫ですが、指使いを最初に決めることが大切です。

arrow_forward全指番号楽譜もご参考にどうぞ!

前半の「ラ・シ・ド#ー」の部分は、上の音を輝かしく出すと言いましたが、 ここは上の音が裏拍になってしまうので、下の音でラインを作るのが自然です。

オクターブに4の指を使うメリットで紹介しましたが、こちらも4を使った方が手首の移動が少ないため外しにくくなります。

ほんの少し間を入れることで「到達・達成」を表情を出すことができます。
毎回やってしまうとくどくなるので、ここぞ、というところで使いましょう!

上の音を出すと、和音は更に華やかに輝きます!
小指で大きな音を出すのは難しいのですが、こちらを参考にしていただいたり、一番上の音の時に手を右に寄せるなどして工夫して下さい!

ずらす場合、指で弾くのは難しいので(出来ても音量が小さくなってしまいます。)「手そのもの」をギュッと押し込む感じで弾きましょう!

Category
Category
About

Starry Wayとは?
arrow_forwardこちらをご覧下さい!

Piece
エリーゼのために
月の光
月光 第1楽章
ジムノペディ 第1番
子犬のワルツ
お人形の夢と目覚め